ターンオーバーを促進する働きのある成分

ヒアルロン酸やレチノール配合コスメでハリ肌に

たるみを解消して、ハリのある肌をつくるために、どんな成分が配合された化粧品を選べばいいのでしょうか。保水能力アップ、たるみやシワの改善効果、ターンオーバーを促進する働きのある成分などをご紹介します。

ヒアルロン酸
ハリのある肌のためにはコラーゲンが必要不可欠ですが、真皮層の中でコラーゲンの間を生めているのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、保水能力が高く、1gで約6リットルもの水分を保持することができます。赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、ヒアルロン酸がたっぷり含まれているからなのです。

セラミド

セラミドは、角質層の細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の主成分です。外部からの刺激や乾燥などから肌を守る役目を果たしています。セラミド配合の化粧品を使うことで、肌の水分保持能力がアップします。最近では、セラミドが、皮膚細胞の生成にも関連していることがわかっています。

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は、すべての細胞に存在している補酵素です。抗酸化力が強く、たるみやシワの元になる紫外線やストレスによって生じる活性酸素を除去する働きがあります。化粧品には「ユビキノン」という学名で表示されている場合もあります。

ビタミンC

ビタミンCには、コラーゲンの分解を抑え、コラーゲンの合成を促進する作用があります。ほかにも、抗酸化作用、肌の再生を促進するなどさまざまな美容効果がありますが、そのままだと酸化しやすいので、ビタミンCを安定化したビタミンC誘導体という形で化粧品に配合されています。イオン導入すると、さらに効果的に肌に浸透させることができます。

レチノール

ビタミンAの一種です。レチノールは、肌の新陳代謝を活発にし、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させます。角質層のヒアルロン酸を増やす効果もあり、たるみやしわに有効です。レチノール配合の化粧品は、フルーツ酸(AHA)配合の化粧品と同時に使用してはいけません。

イソフラボン

女性ホルモンが減少すると、コラーゲンやヒアルロン酸が減少し、肌老化が進んでしまします。イソフラボンには、女性ホルモンに似た作用があるため、化粧品で補うと、肌に弾力を与える作用が期待できます。美白や保湿にも効果的です。

人気NO1商品の実力はやっぱり間違いなし!私のイチオシアイテムはこれ!

『プティレアージュ現品3点セット』 初回価格3,600円(税抜) 
送料無料

「プティレアージュ」のホエイは、高級ヨー グルトで有名なヤスダヨーグルトが毎朝、搾りたての生乳100%から生み出す“プレミアムホエイ”を使用しています。このホエイは細胞活性化を促進し、 ターンオーバーのサイクルを正常に戻すことで、ハリ、ツヤ、キメのある肌を取り戻します。

人気のエイジングケア化粧品情報