肌の老化によってコラーゲンが減少する原因を解明。

紫外線や乾燥などによる肌老化が、コラーゲンを減少させる

肌のハリを支えるコラーゲンは、肌の老化によって減少します。では、肌はどんな原因で老化するのでしょうか。

肌を老化させるいちばんの原因は、紫外線です。紫外線の中で、肌に悪影響を及ぼすのは、UV-AUV-Bです。UV-Aは、UV-Bほど急激な作用はないものの、老化を促進させる作用は、こちらのほうが強いです。UV-Aは、波長が長いため、雲や窓ガラスも通り抜けてしまいます。そのため、晴れた日にしか心配がいらないUV-Bの20倍もの量を浴びているのです。UV-Aは、真皮まで届き、肌のハリを作るコラーゲンエラスチンを破壊します。そうすると、コラーゲンは小さく切断されてしまい、たるみやシワが生じることになります。

UV-Bは、メラニンを作り、日焼けをさせる作用がよく知られていますが、コラーゲン繊維を壊す酵素の働きを高めてしまうため、間接的にではありますが、たるみの原因になります。

乾燥も、肌老化を進めてしまう原因のひとつです。乾燥にさらされると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じます。この隙間を通じて、表皮の水分が蒸発し、水分を失った表皮は、薄く硬くなり、シワやたるみになっていきます。

角質層の潤いを保っているのは、天然保湿因子(NMF)角質細胞間資質皮脂の3つです。天然保湿因子(NMF)は、アミノ酸や尿素などでできていて、角質細胞全体を潤わせて、しっとりした肌にしています。

角質細胞間脂質は、セラミドや脂質がラメラ状(層)に並んだ多重層構造で、保水しています。

皮脂は、弱酸性の皮脂膜を作り、肌が乾燥しないように覆ってフタの役割をしています。20才を過ぎると、女性ホルモンの影響で皮脂の分泌量はかなり減少するため、乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンを作る繊維芽細胞の活動が鈍くなって、たるみやシワが進行してしまうのです。

皮膚は、28日サイクルで新陳代謝を繰り返し、表面へ押し出され、はがれ落ちていきます。このサイクルをターンオーバーと呼んでいます。女性ホルモンの減少や紫外線、ストレスなどの影響でターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれにくくなってしまいます。角角質層にある天然保湿成分(NMF)は、ターンオーバーの過程でタンパク質から分解されて作られています。そのため、ターンオーバーが遅れると、天然保湿成分(NMF)が作られなくなるので、肌が乾燥してしまうのです。

人気NO1商品の実力はやっぱり間違いなし!私のイチオシアイテムはこれ!

『プティレアージュ現品3点セット』 初回価格3,600円(税抜) 
送料無料

「プティレアージュ」のホエイは、高級ヨー グルトで有名なヤスダヨーグルトが毎朝、搾りたての生乳100%から生み出す“プレミアムホエイ”を使用しています。このホエイは細胞活性化を促進し、 ターンオーバーのサイクルを正常に戻すことで、ハリ、ツヤ、キメのある肌を取り戻します。

人気のエイジングケア化粧品情報